1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川のクマ出没、実は5年間で最少 理由は…

神奈川のクマ出没、実は5年間で最少 理由は…

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月2日(月) 05:00

4~9月のクマ出没件数

 全国各地でクマの出没や人身被害が相次いでいる問題で、神奈川県内の今年4~9月のクマの出没件数は37件にとどまり、現時点で公表している2016年度以降の同期比で最少だったことが、県の集計で分かった。全国的にはクマの好物である木の実の不作が指摘されているが、県内の専門家は「丹沢では数年に一度の大豊作で、人里まで下りてくる状況ではないのでは」と分析している。

全国で被害相次ぐ

 環境省によると、今年4~9月の全国のクマ出没件数は1万3670件で、16年度以降の同期比で最多だった。同省は生息分布エリアが山間部から平野部や海沿いにまで拡大しているとの見方を示し、警戒を呼び掛けている。

 人身被害も多発しており、10月に入ってからは新潟、秋田両県でクマに襲われ計2人が死亡したほか、石川県加賀市の商業施設にクマが侵入する騒ぎが発生し射殺された。

一方、神奈川では

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

クマに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング