1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. コロナ禍…高校生の居場所はどこに 横浜で支援在り方考える

新型コロナ
コロナ禍…高校生の居場所はどこに 横浜で支援在り方考える

社会 | 神奈川新聞 | 2020年11月1日(日) 12:00

高校内居場所カフェの在り方を考えたパネルディスカッション=横浜市西区の県教育会館

 高校と専門家が連携して生徒を支援する「高校内居場所カフェ」の在り方を考えるパネルディスカッションが31日、横浜市西区の神奈川県教育会館で開かれた。学校関係者や支援団体のメンバーら約50人が参加。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、生徒の支援を継続する上での課題や改善点を語り合った。

 高校内居場所カフェは、生活や進路などに悩む生徒を支援するため、高校と民間の支援団体が協力して開設。県内では計16校で開設されているが、コロナ禍による一斉休校時にはカフェも休止を余儀なくされた。

 パネルディスカッションにはカフェを運営する支援団体の関係者が出席。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング