1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「上を向いて」! 市内9カ所で花火打ち上げへ 海老名

新型コロナ
「上を向いて」! 市内9カ所で花火打ち上げへ 海老名

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月30日(金) 13:00

 海老名青年会議所(JC)は31日午後8時から、海老名市内9カ所で一斉に花火を打ち上げる。新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、密集を防ぐために場所は公表しない。

 9カ所同時に2号玉を50発ずつ打ち上げる。約70メートルまで上がるといい、一部の地域を除き、ほぼ市内全域で花火が見えるという。

 同JCは毎年10月下旬に海老名駅西口広場で「えびフェス」と銘打ったイベントを実施、花火も打ち上げている。今年はイベントは中止し、花火のみとなる。

 同JCはコロナ禍で市民生活に支障が出る中、花火に「上を向いていこう」とのメッセージを託す。打ち上げ前には、同JCがインスタグラムで配信を行い、市がつくった「EBINAダンス」で振り付けを担当した人気ダンス・ボーカルグループ「DA PUMP(ダ・パンプ)」メンバーのKENZOさんがダンスレクチャーをして雰囲気を盛り上げる。

 同JCは今年結成40周年で、若林啓太理事長は「コロナ禍でほとんど活動ができていないが、花火を記念事業にしたい」としている。雨天の場合は11月1日に実施する。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング