1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ネットの差別書き込み9件 概要公表 川崎市、ヘイト認定

時代の正体・差別のないまちへ
ネットの差別書き込み9件 概要公表 川崎市、ヘイト認定

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月23日(金) 05:00

人権救済、改善求める声も

ネット上のヘイト対策への要望も出た川崎市人権尊重のまちづくり協議会=同市役所

 川崎市は22日、ヘイトスピーチと認定したインターネット上の差別書き込み9件について概要を公表した。啓発を主な目的としたもので、ツイッタージャパン社に削除を要請した2件のほか、すでに削除されている7件も含まれる。「市差別のない人権尊重のまちづくり条例」に基づく措置として同日開催された有識者会議「市人権尊重のまちづくり協議会」にも報告されたが、委員からは人権救済の観点から対応の改善を求める声が相次いだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別根絶条例に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング