1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 22日県内、55人感染 カラオケ店と病院で新クラスター

新型コロナ
22日県内、55人感染 カラオケ店と病院で新クラスター

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月22日(木) 22:40

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県内で22日、新たに55人の感染が確認された。うち24人が感染経路不明という。横浜市では、いずれも入院していた80代の男女2人が死亡した。

 同市によると、死亡した2人のうち、男性はクラスター(感染者集団)が起きた戸塚共立第1病院(同市戸塚区)に別の病気で入院。その後、県内の他の病院に転院していた。戸塚共立第1病院のクラスターに伴う死者は計4人になった。女性は7日に陽性が判明し、同市内の別の病院に入院していた。基礎疾患はなかったという。

 店長と客計4人の感染が判明している同市内のカラオケ店では、利用者の70代男性の陽性が新たに判明。市は新たなクラスターが発生したとみて、他の客ら7~8人の検査を進めている。

22日現在の県内市町村別感染者数

 厚木市の40代男性はクラスターが発生した10、11日のパーティー参加者の同居家族で、愛川町の40代男性は別の参加者の同僚。パーティー関連の感染者は41人となった。

 相模原市のふじの温泉病院(同市緑区)では、入院していた50~80代の男女4人の感染を確認。21日に同病院スタッフ3人の感染が明らかになるなど計7人の陽性者が判明しているため、市はクラスターが発生したとみて、職員や入院患者ら66人を対象に検査している。同病院は外来診療と入退院を当面の間休止する。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング