1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 植松死刑囚が「作品」出展 遺族は失望「有害でしかない」

やまゆり園 事件考
植松死刑囚が「作品」出展 遺族は失望「有害でしかない」

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月21日(水) 12:40

 障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で入所者ら45人を殺傷した植松聖死刑囚(30)が拘置施設内で制作した「作品」が、東京都内で23日に始まる「死刑囚表現展」に展示される。

 犯行前から公言する独善的な主張の箇条書きで、被害者家族は「何ら贖罪(しょくざい)の気持ちがない」と失望している。

 植松死刑囚は2016年7月、園での勤務経験から「障害者は不幸をつくる」と一方的に憎悪を募らせ、入所者19人を刃物で殺害、職員を含む26人に重軽傷を負わせた。

【下:植松死刑囚の作品】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

植松聖に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング