1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 【連載】猛雨(4)かさむ負担、平穏遠く 浸水被害

猛雨 台風19号1年
【連載】猛雨(4)かさむ負担、平穏遠く 浸水被害

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月17日(土) 10:22

氾濫を少しでも食い止めようと、堤防上に仮設の板が張られた平瀬川下流部=川崎市高津区

 「1分間に1センチぐらいのスピードで水位が上昇していった」。川崎市多摩区の1級建築士の女性(59)が記憶をたどるのは、なすすべのないまま自宅の2階へ逃れ、1階に水が入り込んでいくのを見守るしかなかったあの日のことだ。

 2019年10月12日の台風19号で上流部に記録的な雨が降り、過去最高の水位に達した多摩川。その影響を受けて浸水した支流の三沢川周辺で女性は暮らす。「浸水が床下までだった時は、玄関に土のうを積んだり、バケツで水をくみ出したりして、どうにか防ごうと必死だったけれど。もう諦めるしかなかった」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング