1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 微細プラ、太平洋に広く拡散 JAMSTECが調査

微細プラ、太平洋に広く拡散 JAMSTECが調査

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月17日(土) 05:00

帆船に乗り込みパラオまで調査に向かうJAMSTECの千葉さん(後列左)ら=2019年12月29日、横浜港

 海洋汚染の原因となる微細なマイクロプラスチックが、日本からパラオに至る太平洋の広範囲で分布していることを、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC、横須賀市)などの調査チームが突き止めた。地球規模の環境問題として関心が集まる一方で外洋に漂う実態はほとんど解明されておらず、海流などで拡散を続けるメカニズムが判明した格好だ。研究成果は開催中の「東京湾大感謝祭」で18日に報告する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

水質汚染に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング