1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 宮前女性殺害 一審の懲役28年を支持 東京高裁

宮前女性殺害 一審の懲役28年を支持 東京高裁

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月17日(土) 05:00

刺殺事件があったトンネル内。現場には花束が供えられている=2018年、川崎市宮前区

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、帰宅途中の女性が殺害された事件で、殺人罪に問われた無職の被告(40)の控訴審判決が16日、東京高裁であった。近藤宏子裁判長は「犯行動機は甚だ身勝手で理不尽。一審判決の量刑が重すぎて不当とはいえない」として、懲役28年とした横浜地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

殺人事件に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング