1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「殺すしかない」放置 川崎市ヘイト削除要請も

時代の正体・差別のないまちへ
「殺すしかない」放置 川崎市ヘイト削除要請も

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月17日(土) 05:00

答申を福田市長(右)に手渡す吉戒会長=川崎市役所

 有識者でつくる川崎市差別防止対策等審査会は16日、在日コリアンの女性を攻撃するツイッターの投稿をヘイトスピーチと認定し、削除要請と概要の公表を求める答申を福田紀彦市長に提出した。「市差別のない人権尊重のまちづくり条例」に基づくもので、市は来週中にもツイッター社に削除を求める。模倣や二次被害を防ぐため、公表は投稿そのものではなく概要にとどめるという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング