1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風19号1年(1)タワマン浸水 死角と限界浮き彫り 

猛雨 台風19号1年
台風19号1年(1)タワマン浸水 死角と限界浮き彫り 

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月14日(水) 12:38

 猛烈な雨で神奈川県内各地が深刻な被害に見舞われた昨年10月の台風19号上陸から12日で1年。暮らしを取り戻し、再来に備える─。命の危険にさらされた人々の模索が続いている。


昨年10月の台風19号で冠水したパークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー前の広場(管理組合提供)

 「なぜ、こんなところにまで水が入ってきたんだ」

 2019年10月12日夜、多摩川に通じる排水管からの逆流で「内水氾濫」が起きた川崎市中原区。武蔵小杉駅に近い「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」に住む海老澤健太郎さん(45)は目を疑った。

床下から大量の雨水

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング