1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 届け基地なき沖縄の願い 映画「ちむぐりさ」が県内公開

届け基地なき沖縄の願い 映画「ちむぐりさ」が県内公開

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月9日(金) 05:00

映画の一シーン。沖縄の美しい景色を交えつつ、少女の目線で基地問題を描くⓒ沖縄テレビ放送

 米軍基地問題に翻弄(ほんろう)される沖縄の姿を追ったドキュメンタリー映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」が、神奈川で相次ぎ公開される。石川県から移り住んだ少女の目を通して、「基地なき沖縄」を切望する人々の思いを伝える。

 「ちむぐりさ」とは沖縄の言葉で、誰かの心の痛みを自分の悲しみとして胸を痛めること。那覇市内のフリースクールに通う主人公の坂本菜の花さんが続発する米軍関連の事件事故を前に、沖縄では今なお戦争が続いていることを感じ取り、被害者の元を訪ね歩いて「ちむぐりさ」を重ねる。作品は坂本さんが紡ぐ感受性豊かな言葉を軸に、沖縄の人々の明るさの「向こう側」にある現実を描き、本土に「わが事と考えてほしい」と訴える。

 新型コロナウイルスの感染拡大で公開時期が当初予定の春から大幅にずれ込んだ。県内では「あつぎのえいがかんkiki」(厚木市)で今月3日から上映。「シネマ・ジャック&ベティ」(横浜市中区)で10日に初日を迎え、11日には午前10時40分開始の回の上映後、沖縄テレビ放送アナウンサーの平良いずみ監督が舞台あいさつする。全国各地で上映され、都内でも10日から「ポレポレ東中野」(東京都中野区)で公開される。

コロナ禍で際立つ基地負担の不条理

 沖縄では米軍基地が日常に溶け込み、基地あるが故にコロナ禍の影響は深刻だ。平良いずみ監督は際立つ基地負担の不条理を改めて実感しているという。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

映画に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング