1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 箱根山、活動低下も注意必要 警戒レベル1から1年

箱根山、活動低下も注意必要 警戒レベル1から1年

社会 | 神奈川新聞 | 2020年10月7日(水) 05:00

噴気活動の続く中で行われた火山ガスの定点観測(東海大理学部大場武研究室提供)

 火山活動が続く箱根山(箱根町)の噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられてから、7日で1年となった。

 活動は低下した状態が続いているが、大涌谷の噴気は衰えておらず、火山性地震が一時的に増加することもある。

 専門家は「近年は数年おきに活動が活発化している」として引き続き注意を促す。

活発化の兆し「なし」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

箱根山に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング