1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 熱中症アラート、対象都県で神奈川が最多 高湿度時に要注意

熱中症アラート、対象都県で神奈川が最多 高湿度時に要注意

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月28日(月) 05:00

 環境省と気象庁が関東甲信地方で7月から試行している熱中症警戒アラートは神奈川県内にこれまで計20日発表され、対象地域の1都8県で最多となっている。熱中症の症状で病院に運ばれる人は、アラートが相次いで出された8月に急増。暑さの和らいだ9月中旬以降は発表されていないが、湿度が高いときは汗が蒸発しにくく熱中症になりやすいとされ、引き続き注意と対策が求められている。

三浦、辻堂…目立つ海沿い

 アラートによる警戒が県内で初めて呼び掛けられたのは、8月8日。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

猛暑に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング