1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 3密避け、需要増える自転車 相次ぐ重大事故

新型コロナ
3密避け、需要増える自転車 相次ぐ重大事故

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月26日(土) 11:21

新型コロナウイルス流行下で需要が伸びる自転車。重大事故のリスクもあり、運転には細心の注意が必要だ=横浜市西区のワイズロード横浜店

 自転車が関係する重大事故が県内で相次いでいる。手軽で幅広い世代が利用するが、県警の分析では自転車絡みの人身事故の約7割で自転車側に何らかの法令違反があった。レース仕様の自転車に乗る人も増え、事故で歩行者らを死傷させる加害の側面も浮かぶ。県警は「道交法上は軽車両で原則、車道の左側通行。事故の加害者になり得る意識を持って、交通ルールを順守してほしい」としている。

自転車違反が7割

 県警によると、自転車が関係する事故は昨年、5433件発生し、13人が亡くなった。うち約7割に当たる3824件で自転車側に一時不停止や右側通行、信号無視などの違反があった。自転車側が過失の最も重い第1当事者とされたケースが1025件に上った。

 今年も8月末現在で、約3千件発生し、8人が犠牲になった。7月には小田原市で、男子高校生が運転するロードバイクが横断中の高齢女性に衝突。女性は頭の骨を折る重傷を負った。

負傷が頭部に集中

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

自転車に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング