1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜で30人の感染を確認 新たに病院でクラスター発生か

新型コロナ
横浜で30人の感染を確認 新たに病院でクラスター発生か

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月25日(金) 21:07

横浜市役所

 新型コロナウイルスの感染再拡大を巡り、横浜市は25日、10~90代の男女30人の感染が新たに確認された、と発表した。90代の男性が中等症で、残る29人は軽症または無症状。20人の感染経路が不明という。

 市によると、クラスター(感染者集団)が起きた戸塚共立第1病院(同市戸塚区)で新たに、20代の女性看護師が感染。これで同病院の感染者数は患者16人、職員10人の計26人となった。

 市立脳卒中・神経脊椎センター(同市磯子区)でも新たに、入院する70代男性が陽性と判明した。これまで感染が確認された6人は二つの病棟に分かれていたが、70代男性は一つの病棟の5人目の感染患者となり、市はクラスターが起きたとみている。

 戸塚共立第1病院、市立脳卒中・神経脊椎センターとも入院患者、職員ら数百人規模を検査する予定。
感染者30人の年代別は、20・40・50代が各6人、70代5人、30代3人、90代2人、10・80代が各1人。

 経路が判明している10人のうち4人は家庭内感染だった。

 市が25日までに発表した患者の区別住所地発生状況は次の通り(毎週金曜に更新)。

 ▽鶴見区=260人▽神奈川区=181人▽西区=109人▽中区=222人▽南区=222人▽港南区=177人▽保土ケ谷区=140人▽旭区=177人▽磯子区=115人▽金沢区=131人▽港北区=251人▽緑区=99人▽青葉区=264人▽都筑区=111人▽戸塚区=155人▽栄区=56人▽泉区=77人▽瀬谷区=85人▽市外=148人

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング