1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 祭り、苦肉の「3密」対策で開催

祭り、苦肉の「3密」対策で開催

社会 | 共同通信 | 2020年9月24日(木) 09:09

 2019年5月、浅草神社の三社祭でみこしを担ぐ人たち=東京都台東区

 「みこしを車で運ぶ」「神事はライブ中継」。新型コロナウイルスの影響が長引く中、各地の祭りの中には3密(密閉、密集、密接)回避の工夫を凝らすところも出てきた。「いま、できることを」。担い手たちが知恵を絞る。

 例年5月に開催される東京・浅草神社の「三社祭」は、10月17、18日に開催。大行列や「町みこし」は中止したが、神社の御神霊をみこしに乗せる「宮みこし」は、御用車(トラック)で運ぶ方法で実施する。

 国内屈指の酒どころ、西条(広島県東広島市)の「酒まつり」は、約千銘柄が楽しめる「酒ひろば」や酒蔵開放をやめ、10月10、11日にユーチューブで神事を中継する。

こちらもおすすめ

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング