1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 24日昼前にかけ大雨の恐れ 台風接近の神奈川、警戒続く

24日昼前にかけ大雨の恐れ 台風接近の神奈川、警戒続く

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月23日(水) 20:08

平瀬川と多摩川の合流部に積まれた大型土のう=23日午前11時10分ごろ、川崎市高津区久地2丁目

 台風12号は25日にかけて伊豆諸島から関東の東を北東に進む見込みとなった。秋雨前線の影響も重なり、県内は24日昼前にかけて大雨となる恐れがある。横浜地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、強風や高波への警戒を呼び掛けている。

 気象台などによると、台風の進路は当初の予想より東となり、上陸する可能性は低くなった。ただ、前線の影響もあり、県内で24日夕までの24時間に予想される雨量は、東部、西部ともに多い所で150ミリ。昼前にかけては、1時間30ミリの激しい雨が降る所があるという。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は、陸上が16メートル(30メートル)、海上は20メートル(同)。波の高さは相模湾で4メートルを見込んでいる。落雷への注意も促している。

昨秋の台風19号で浸水した地域を巡回する車両=23日午前10時50分ごろ、川崎市高津区溝口6丁目

 台風が県内に接近するのは、川崎、相模原両市や箱根町で深刻な被害が出た昨年10月の台風19号以来。多数の住宅や工場などが浸水した川崎市高津区の多摩川と支流・平瀬川の合流点付近では23日、市が巡回点検や排水ポンプの動作確認などを行った。

 台風19号で自宅の1階天井まで浸水した男性(72)は「大きな被害が出そうな時は、車で避難しようと思っている」と不安そうに川の状況を見つめた。

 気象庁によると、台風12号は23日午後6時現在、八丈島の南東約70キロの海上を時速約25キロで北東に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング