1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 17日の神奈川県内、5人死亡確認 65人の感染判明

新型コロナ
17日の神奈川県内、5人死亡確認 65人の感染判明

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月17日(木) 21:00

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県内では17日、5人の死亡が確認された。10歳未満~90代の男女65人の感染も新たに判明した。32人の感染経路が不明。

17日現在の県内市町村別感染者数

 川崎市によると、いずれもクラスター(感染者集団)が起きた市内の介護施設とハートフル川崎病院(同市高津区)に入所、入院していた90代の男女2人と、横浜市に住む無職の60代男性が死亡した。

 介護施設に入所していた女性は8月28日に陽性と判明、今月16日に亡くなった。ハートフル川崎病院に入院していた男性は15日に感染が確認され、17日に死亡。横浜市の男性は8月31日に陽性と分かり、今月16日に死亡した。

 横浜市によると、60代と90代の男性2人が死亡。90代男性は特別養護老人ホームに入所。15日に亡くなり、生前に採取した検体を調べた結果、16日に陽性と分かった。60代の男性は8月6日に感染が判明していた。

 クラスターが起きたとして、同市中区若葉町のマッサージ店「タイ古式マッサージ花」の店名を公表。今月17日までにスタッフ5人が感染しており、8月24~9月11日に利用した客に、市の帰国者・接触者相談センターに連絡するよう呼び掛けている。

 クラスターが起きている社会福祉法人「白根学園」運営の障害者施設では新たに職員5人、利用者1人が感染。施設関連の感染者は計68人になった。

 藤沢市では同市立保育園に通う10歳未満の女児が感染。市は園職員、園児約50人の検査を実施する。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング