1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 護衛艦むらさめ、中東向け再出航 乗員感染で横須賀帰港

新型コロナ
護衛艦むらさめ、中東向け再出航 乗員感染で横須賀帰港

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月16日(水) 21:15

 中東海域の情報収集を行うために8月30日に海上自衛隊横須賀基地(横須賀市)を出航し、乗員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたため、9月1日に同基地に帰港していた護衛艦「むらさめ」が16日、再出航した。

 同艦は帰港後、感染した乗員のみが下船し、他の乗員は上陸せずに停泊していた。再度PCR検査を実施し、全員の陰性を確認した上で再出航した。

 今後は中東海域に向かい、10月上旬に現地で「きりさめ」から任務を引き継ぐ予定。

海上自衛隊横須賀基地に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング