1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「同じ子どもの受け皿なのに…」 支援に差、認可外の悲鳴

新型コロナ
「同じ子どもの受け皿なのに…」 支援に差、認可外の悲鳴

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月13日(日) 12:37

お昼寝をする保育園児。新型コロナウイルス感染予防のため、頭の向きを変え、園児同士の顔が近づかないようにしている=2日、横浜市内の認可外保育施設

 新型コロナウイルス感染症の影響が長引く中、横浜市内の認可外保育施設が経営の危機に直面している。

 運営費の大半を公費で賄う認可施設と異なり、自費運営が原則だが、感染拡大防止のための登園自粛に応じたことに加え、感染を懸念して利用控えも起き、保育料収入が落ち込んでいるためだ。

 認可施設に比べて少ない行政の支援に、関係者は悲痛な声を上げる。「同じ子どもの受け皿なのに、認可と認可外でなぜ、線引きするのか」

財政支援に難色

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

保育所に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング