1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎市のホームレス大幅減  前年比25%減、台風が影響か

川崎市のホームレス大幅減  前年比25%減、台風が影響か

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月6日(日) 10:50

川崎市役所

 川崎市内で暮らすホームレスの1月時点の人数が前年同時期比24・9%減と大きく減ったことが、市の調査で分かった。人数自体は2009年以降、右肩下がりを続けているが、減少率はおよそ10%前後で推移していた。大幅減の理由について、市生活保護・自立支援室は「昨秋の台風19号で、多摩川河川敷に住んでいた人が住まいを失ったため」と分析している。

 国の実態調査に基づき、市は1月9、10の両日、市内を巡回して目視で数えた。

 その結果、ホームレスは1月時点で計214人。前年同時期から71人減り、調査を開始した03年以降、過去最少となった。

生活場所や区ごとにみると・・・

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ホームレスに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング