1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 特攻隊員の葛藤に思い巡らせて 横須賀で特集展示

特攻隊員の葛藤に思い巡らせて 横須賀で特集展示

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月6日(日) 05:00

特攻隊員たちが出撃前夜に過ごした兵舎の模型を見つめる佐久間さん=横須賀市本町

 太平洋戦争で多くの若者が命を落とした特攻隊などに思いを巡らせる展示が5日、横須賀市本町の市市民活動サポートセンターで始まった。

 パネルや模型など計約60点が展示されており、戦後75年の節目に、戦争の悲惨さと平和の大切さを改めて訴えかける。12日まで、入場無料。

 「沖縄特攻」と題した特集展示は、少年飛行兵が訓練を受け出撃していった基地をはじめ、戦闘機がなくなったことから装備の乏しい練習機までもが特攻に繰り出された実態を説明。横須賀市出身の隊員のほか、三浦市の小網代湾や江奈湾に置かれた水上特攻隊の基地についても紹介する。

資料収集に1年

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

特攻隊(太平洋戦争)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング