1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県内で新たな感染、108人に 

新型コロナ
県内で新たな感染、108人に 

社会 | 神奈川新聞 | 2020年9月4日(金) 22:40

 新型コロナウイルス感染症を巡り、県内では4日、10歳未満~90代の男女108人の感染が新たに確認された。うち35人の感染経路が不明。横浜市では86人の感染が判明し、1日当たりの感染者数としては8月15日の57人を上回り、過去最多だった。

9月4日現在の県内市町村別感染者数

 同市では、社会福祉法人「白根学園」が同市旭区で運営する障害者支援施設の利用者27人、職員13人の計40人が感染。同施設に関連した感染者数は43人となった。

 クラスター(感染者集団)が発生した障害児らの放課後等デイサービス施設でも、利用者の小学生から高校生までの5人が感染。同施設の感染者数は職員を含め13人となった。教員ら2人の感染が確認されている市立小学校で児童7人の感染が新たに判明。同校を13日まで臨時休校とする。

 川崎市では、市立久地小学校で教育活動を支援するボランティアを務めていた40代女性講師が感染。校内の濃厚接触者は特定されており、臨時休校はしない。

 県によると、秦野市に住むいずれも60代の無職男女は同居家族で、既に感染が判明している近くに住む40代女性と頻繁に食事をしていた。大和市の10代の会社員女性は、県内の勤め先の同僚が感染し、検査の結果、陽性が判明した。

 在日米海軍横須賀基地司令部は4日、同基地で新たに関係者2人の感染を確認したと発表した。同基地の感染者(4日現在)は31人という。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング