1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横須賀・衣笠山公園で桜祭り 23日からタマ公像除幕式も

横須賀・衣笠山公園で桜祭り 23日からタマ公像除幕式も

話題 | 神奈川新聞 | 2017年3月13日(月) 16:53

2012年に開かれた「衣笠さくら祭」の様子 (衣笠行政センター提供)
2012年に開かれた「衣笠さくら祭」の様子 (衣笠行政センター提供)

 花見の名所として知られる衣笠山公園(横須賀市小矢部)で23日から、毎年恒例の「衣笠さくら祭」が開かれる。4月3日までの期間中に各種イベントが催され、ソメイヨシノを中心に約2千本のサクラが植えられている同公園の春を盛り上げる。衣笠観光協会の主催。

 初日の23日午前10時半ごろからは、長年の交流の証しとして新潟県五泉市から横須賀市に贈られた「忠犬タマ公」の銅像の除幕式を開催する。タマ公は昭和初期に雪崩で遭難した飼い主を救ったことから新潟県五泉市で知られる犬で、戦前、横須賀に住んでいた新潟出身者が市内に石碑を建てたのをきっかけに両市の交流が続いており、除幕式の後に慰霊祭も行われる。

 24日からのステージイベントでは、地元の団体や学校による和太鼓演奏やダンスなども披露。期間中は、午後6時から同8時に、桜のライトアップが実施される。

 問い合わせは、衣笠観光協会事務局電話046(853)1611。

桜に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング