1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. シカ?イノシシ? ローカル線の車窓、珍客との出合い

鉄道コラム 前照灯(90) 
シカ?イノシシ? ローカル線の車窓、珍客との出合い

話題 | 神奈川新聞 | 2011年7月29日(金) 00:00

 遠出してローカル線に乗るなら、なるたけ先頭車、それも前面展望の利く座席がいい。だいたいは国土地理院の5万分の1の地形図を携える。それとの見比べが楽しい。大地のまにまに走る。そのための勾配や曲線、隧道や橋梁。昔の鉄道敷設は自然と仲がいい。

 ときには珍客に出くわす。被災地・気仙沼に出掛けた帰途の大船渡線。猊鼻渓―陸中松川間。それほどの山間ではないが、茂みからひょいとばかりに線路を横切ったものがいる。気動車がピキーッと叫ぶ。どうもキハ100の警笛はヒステリックだ。

 陸中松川着(写真)。数人の乗降が終わったのを見はからって運転士さんに聞いた。やっぱりカモシカである。乗っていた列車は「快速スーパードラゴン」。しょーもないことをいえば、好奇心豊かな森の主も竜にぶつかってはひとたまりもなかろう。

 せんだっては関西本線。島ケ原―伊賀上野間。こちらは木津川の縫う深山をゆく。川霧の込める眺めは幽谷の趣もある。茂みから出たのはイノシシ。猛進ではなく悠々の体で線路を渡る。気動車がプオーと応じる。キハ120の警笛はどこか優しい。乗客がウリ坊の後ろ姿を目で追う。

 伊賀上野での客扱いが済んだところで聞いた。運転士さんは白い歯を見せて「ああ、あんなの、しょっちゅうですわ」。忍びの山里。出没もところ知らず。鉄路との共存、よきかな。(F)

前照灯に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング