1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 収穫の大豆使い児童が豆腐作り 厚木

収穫の大豆使い児童が豆腐作り 厚木

話題 | 神奈川新聞 | 2017年2月17日(金) 16:58

上荻野小学校で行われた豆腐作り体験(厚木市提供)
上荻野小学校で行われた豆腐作り体験(厚木市提供)

 厚木市立上荻野小学校(同市上荻野)で14日、豆腐作りの体験会が行われ、3年生の児童89人が参加した。

 体験会は総合学習の一環、今回で5年目。市内で豆腐店を営む三橋光男さん(78)とJAあつぎ大豆部会長の井上允さん(69)が指導に当たった。使用した原料は津久井在来大豆で、児童たちが地域の畑で栽培して昨年11月に収穫した。

 豆腐作りは、前日から水に浸しておいた大豆をミキサーにかけて布でこしながら豆乳に加工。鍋に入れてかき混ぜながら煮た後、にがりを加えて器に注いで固めた。児童たちは「おいしい」「ちょっと硬い」など出来たての味を楽しんだ。

体験イベントに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング