1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 大黒ふ頭に客船施設 19年春、超大型受け入れへ

初利用はクイーン・エリザベス
大黒ふ頭に客船施設 19年春、超大型受け入れへ

話題 | 神奈川新聞 | 2017年2月15日(水) 02:00

2019年春に横浜発着クルーズに就航する「クイーン・エリザベス」=14年3月17日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル
2019年春に横浜発着クルーズに就航する「クイーン・エリザベス」=14年3月17日、横浜港大さん橋国際客船ターミナル

 横浜ベイブリッジを通過できない超大型客船を受け入れるため、横浜港・大黒ふ頭(横浜市鶴見区)に2019年春、新たな客船施設が開業することが14日、分かった。市街地の眺望に優れたベイブリッジそばの好立地。第1船は「海の女王」と称される英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(QE、9万900トン)で、初めてとなる横浜発着クルーズを展開する。

 同時期には、横浜・みなとみらい21(MM21)新港地区(同市中区)の新港ふ頭9号岸壁にも大型客船向けターミナルが開業。既存の横浜港大さん橋国際客船ターミナル(同市中区)と合わせて4隻の大型客船が同時に着岸できる国内最大級のクルーズ港が誕生する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

客船に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング