1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. バレンタインはコレ!激カワ「萌えマシュマロ」

女性自身
バレンタインはコレ!激カワ「萌えマシュマロ」

話題 | 神奈川新聞 | 2017年2月10日(金) 12:16

バレンタインはコレ!激カワ「萌えマシュマロ」(写真:女性自身)
バレンタインはコレ!激カワ「萌えマシュマロ」(写真:女性自身)

 「マシュディは、マシュマロと粉砂糖で作るお菓子です。やさしい甘さでソフトキャンディのような食感です。切っても切っても、キュートな動物の顔が現れるところがワクワクするんです」

 そう語るのは、『マシュディ-ふわふわマシュマロで作る新食感!ソフトキャンディー』(セブン&アイ出版)の著者・関有美子さん。歯科医師のかたわら、マシュマロを使ったお菓子の専門家としても活躍中だ。2015年2月には教室を開講したが、現在は予約が取れないほど人気になっているという。

 サンドイッチ、巻きずしなどの切断面にときめくことは“萌え断”と呼ばれ、インスタグラムに投稿する人も増えているが、マシュディも萌え断スイーツとして注目を浴びている。ちなみにマシュディは「マシュマロキャンディ」を縮めて命名された。

 「作り方はいたってシンプル。マシュマロと粉砂糖で、『フォンダント』という生地を作り、パーツに分けたら、あとは組み立てるだけ。パーツ作りは粘土遊びの感覚なので、子どもといっしょに楽しみながら作れるのも魅力の1つですね。わが家でも、よく3歳の息子と作っています」

 バリエーションは、ウサギやライオン、パンダなどの動物からフルーツをかたどったものまで幅広い。カラフルで華やかなので、バレンタインのプレゼントにもぴったり。着色料は、野菜や果物の天然のものを使うので安心だ。

 今年のバレンタインデーは、かわいいマシュディで皆の注目間違いなし!【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
▽a href="http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/19728
" target="_blank">現役女子アナ語る“私たちのバレンタイン事情”
初代パインアメには穴がなかった! ロングセラーお菓子トリビア5
サラダホープ、ルマンド…全国区のお菓子がめじろ押しの県とは?
国民的お菓子「たけのこの里」はなぜタケノコなのか?
【今週の対決】「韓国フライドチキン」vs.「フランスお菓子」

女性自身に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング