1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 土性沙羅「パワーに変わった」金メダル叶えた願掛け似顔絵

女性自身
土性沙羅「パワーに変わった」金メダル叶えた願掛け似顔絵

話題 | 神奈川新聞 | 2016年8月26日(金) 10:27

土性沙羅「パワーに変わった」金メダル叶えた願掛け似顔絵(写真:女性自身)
土性沙羅「パワーに変わった」金メダル叶えた願掛け似顔絵(写真:女性自身)

 「1時間の朝練、午後2時間のマット練習を除くと普通の大学生。息抜きはチョコレートを食べること、休みの日に栄(名古屋)に行って洋服を買うことですが、何と言っても一番好きなのは漫画。『東京タラレバ娘』を描いている東村アキコさんの大ファンなんです!」

 と、日々漫画を読むのが欠かせないというのは女子レスリング69キロ級で金メダリストとなった土性沙羅(21)。実はリオ五輪直前、本誌は東村さんが描いた土性の似顔絵をプレゼントしていた。すると、リオからこんな喜びの声が届いた。

 「似顔絵とメッセージは本当にうれしく、絶対に金メダルを獲るんだというパワーに変わりました」

 東村さんも感激した様子で、こうコメントを寄せてくれた。

 《すごすぎる!本当に金メダルとるなんて!!本当に嬉しいです。やっぱり強くてかわいい女の子は最高です》

 普段は女子力の高い土性だが、マットで見せるたくましい上半身と並はずれたパワーはまるで別人。至学館大学の先輩で、姉のように慕う48キロ級金メダリスト・登坂絵莉の存在が大きいと自己分析する。

 「今年の年賀状も《一緒に金メダルを獲ろう》というメッセージだったし、お酒を飲みに行っても焼肉を食べに行っても、いつも金メダルの話題が出ていました」

 2人の友情が深まったのは、2013年の世界選手権のあとだ。登坂は優勝したが、土性は思うような結果が出せなかった。意気消沈していた彼女は、1人黙々とトレーニングをしていた登坂に声をかけた。

 以来「沙羅」「絵莉さん」と呼び合い、ともにスパーリングをこなすようになった2人。至学館大学女子レスリング部は、憧れの先輩である吉田沙保里を輩出した名門だ。

 同部監督で、リオ五輪レスリングのチームリーダーを務めた栄和人さんもこう見ている。

 「2人は仲が良くて“金メダルを獲る”という高い意識をもって臨んだことが、いい結果を生んだのだと思います」

 “姉”の存在、そして憧れの人からもらった“願掛け似顔絵”があったからこそ、土性は五輪という大舞台で逆転の世界一に輝けたのだ。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
登坂絵莉 大逆転金メダルの陰にあった「隠し続けた首の激痛」
「吉田と父」「ベイカーの恩人」現地記者語る“リオ秘話”前編
「内村へ銀選手からの“敬意”」現地からの“リオ秘話”後編
国民栄誉賞の吉田沙保里「食卓で泣いていた」闘いの日々
やくみつる氏語るリオ五輪のみどころは「吉田沙保里と閉会式」

柔道に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング