1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. ご当地グルメ「あやせとんすきメンチ」1万食突破 郷土の味付け人気

ご当地グルメ「あやせとんすきメンチ」1万食突破 郷土の味付け人気

話題 | 神奈川新聞 | 2016年8月20日(土) 02:00

販売個数1万食を突破したあやせとんすきメンチ(綾瀬市提供)
販売個数1万食を突破したあやせとんすきメンチ(綾瀬市提供)

 綾瀬市初のご当地グルメ「あやせとんすきメンチ」が、発売から4カ月余りで販売個数1万食を突破した。明治初期から養豚業が盛んな綾瀬産の豚肉を、郷土料理のすき焼き風に味付けしたメンチカツだ。

 市民有志、市、市商工会がまちおこしの一環で3年がかりで開発。4月に発売され、今月17日に大台を突破した。市の担当者は「ジューシーな豚肉の味わいと、衣のサクサクの歯応えが人気」と話す。普段は市内でしか食べられないという付加価値も好評の理由という。

 市は、官民一体でグルメとロケ地でシティープロモーションに取り組んでいる。27日に東京都内で開かれる「ふるさと甲子園」にメンチを出展し、さらなるPRにも乗り出す。

 価格は、1個(70グラム)180円。市内の大久保商店(同市吉岡東)、高座豚手造りハム(同市吉岡)、CAFE KAKA(同所)の3店で販売している。

ご当地に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング