1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 友好25年記念に桜植樹 相模原市とトロント市

友好25年記念に桜植樹 相模原市とトロント市

話題 | 神奈川新聞 | 2016年7月7日(木) 02:00

桜の苗木を植樹する古賀副市長(左から3人目)と阿部議長(同4人目)=トロント市のバークデール公園(相模原
桜の苗木を植樹する古賀副市長(左から3人目)と阿部議長(同4人目)=トロント市のバークデール公園(相模原

 カナダ・トロント市との友好都市提携25周年記念行事に参加するため、現地を訪れている相模原市の古賀浩史副市長と市議会の阿部善博議長ら計7人の友好訪問団は5日、トロント市内の公園で桜の苗木を記念植樹した。

 バークデール公園で行われた記念植樹では、計12本のソメイヨシノの苗が植えられた。式典のあいさつで古賀副市長は、「桜の成長とともに、両市の友好関係がより一層深くなることを祈念する」と強調した。

 訪問団はこのほか、ジョン・トーリー市長を訪問し、友好都市提携25周年記念レセプションなどに参加した。

 トロント市は、人口約280万人のカナダ最大の都市で、同国の文化・経済の中心地。相模原市は1991年に同国スカボロー市(現トロント市)と友好都市提携を締結して以来、四半世紀にわたり教育、スポーツ、経済などの分野で2千人を超える市民が相互訪問を通じて交流しているという。

友好交流都市に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング