1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. パシフィコで食の祭典 和洋中シェフ共演

パシフィコで食の祭典 和洋中シェフ共演

話題 | 神奈川新聞 | 2016年5月28日(土) 02:00

横浜の有名店シェフらが一堂にそろう「アペリティフ365in横濱」 (昨年のイベントから)
横浜の有名店シェフらが一堂にそろう「アペリティフ365in横濱」 (昨年のイベントから)

 横浜市内で活躍する和洋中のトップシェフによる食の祭典「アペリティフ365in横濱」が6月1、2の両日、同市西区のパシフィコ横浜で開かれる。地元の旬の食材を使った特製おつまみと、相性のいいお酒を提供する。

 フランス食品振興会などが世界中で普及を進めているイベントの一環で、横浜での開催は今年で13回目。アペリティフとはフランス語で食前酒を意味し、また食事の前にワインなどを手におつまみ「アミューズ・ブーシュ」を楽しむ習慣を指す。主催するNPO法人横浜ガストロノミ協議会は「シェフが腕をふるう地産地消の多彩な料理を堪能してほしい」と話している。

 会場では有名ホテルやレストランのシェフらが10のブースに分かれて登場し、協力し合って横浜をイメージしたおつまみを提供する。パティシエやバーテンダー、ソムリエも参加し、イベントを盛り上げる。

 1日は入場無料。キャッシュ・オン・デリバリーで提供する方式で、午後5時半~9時。2日は前売り券(7千円)購入者のみ入場できるスタイルで、午後6~9時。前売り券はセブン-イレブンやファミリーマート、公式サイトで購入する。問い合わせは、横浜会場事務局電話045(633)9660。

宿泊施設(ホテル、旅館、民宿)に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング