1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 奉仕舟2隻お披露目 富岡八幡宮神事「祇園舟」

6月19日に進水式
奉仕舟2隻お披露目 富岡八幡宮神事「祇園舟」

話題 | 神奈川新聞 | 2016年5月13日(金) 02:00

新造された「祇園舟」の奉仕舟=横浜市金沢区
新造された「祇園舟」の奉仕舟=横浜市金沢区

 富岡八幡宮(横浜市金沢区富岡東)の無病息災を願う伝統神事「祇園舟(ぎおんぶね)」で使う奉仕舟(ほうしぶね)2隻が、約80年ぶりに新造された。山口県の造船所で造られた新舟が12日にお披露目され、保存会員は伝統継承への思いを新たにした。

 毎年7月に行われる祇園舟は八幡宮創始以来約800年の歴史を誇る神事で、1990年に市無形文化財の第1号に指定された。

 旧奉仕舟が使われ始めたのは37年。内部が腐るなど老朽化が進んだため、佐野主水(もんど)宮司(68)が計650万円を投じて2隻を新造した。

 新奉仕舟は旧舟と同じ仕様で全長約10メートル、全幅約1・5メートル。ヒノキとスギを使い、長いへさきや5人のこぎ手を配置する五丁櫓(ごちょうろ)と呼ばれる構造を再現した。

 祇園舟保存会の野本太助副会長(76)は「立派なものを造ってもらい感謝している。神事を次の世代へ受け継げ、うれしい」と目を細めていた。

 6月19日に八幡宮近くの海岸で進水式を行う。祇園舟の実施日は7月17日。

神事に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング