1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 湯豆腐で体ホカホカ 大山で仙人鍋

湯豆腐で体ホカホカ 大山で仙人鍋

話題 | 神奈川新聞 | 2016年3月20日(日) 02:00

無料で湯豆腐が振る舞われた「大山とうふまつり」=伊勢原市大山
無料で湯豆腐が振る舞われた「大山とうふまつり」=伊勢原市大山

 伊勢原市大山で19日、恒例行事「大山とうふまつり」が始まった。実行委員会の主催で、20日まで。直径約4メートルの大鍋「仙人鍋」で調理した湯豆腐が各日、午前と午後の2回に分けて数量限定で無料で振る舞われる。

 同地区の豆腐をPRしようと始まった催しで、26回目。例年3月に2日間の会期で開かれている。

 この日、午前中はあいにくの雨で、通常500人分を調理するところを約200人分とした。仙人鍋が設置されたメーン会場の市営大山第2駐車場では、市内外から訪れていた家族連れらの姿が目立ち、湯豆腐を味わおうと列をつくっていた。来訪者は豆腐と一緒に仙人鍋でゆでた地場産の大山菜も味わった。

 家族と訪れていた、海老名市在住の会社員男性(30)は「初めて参加した。豆腐は滑らかな舌触りで、大山菜もシャキシャキしておいしい。体も温まりました」と話していた。

 20日は午前10時15分、午後2時から湯豆腐が無料で振る舞われる。計千人分を調理予定。問い合わせは、実行委電話090(2322)6599。

大山に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング