1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 鎌倉彩るつるし飾り 軒下や店内100カ所

鎌倉彩るつるし飾り 軒下や店内100カ所

話題 | 神奈川新聞 | 2016年2月7日(日) 02:00

北鎌倉駅周辺の店舗の軒下に飾られたつるし飾り=鎌倉市山ノ内
北鎌倉駅周辺の店舗の軒下に飾られたつるし飾り=鎌倉市山ノ内

 JR北鎌倉駅(鎌倉市山ノ内)周辺の店舗や施設約100カ所に「つるし飾り」が連なっている。観光客が減る冬シーズンににぎわいをもたらそうと地元住民らが企画。3月末まで街道沿いをかわいらしく彩る。

 千代紙やちりめんで作った人形や花、動物をモチーフにした飾りが軒下や店内で揺れる。通りがかった人々は「かわいい」「きれいね」と触れたり、写真に収めたりしていた。

 「毎年2~3月は観光客が減って街がさみしい」と、企画した「北鎌倉つるし飾り委員会」の川上靖治さん(79)。5年前から北鎌倉で活動する人形作家らに制作をお願いし、駅周辺の各店舗に参加を呼び掛けた。年々協力店舗が増え、今年は約100カ所に。独自の飾りを作る店も30店以上ある。

 卵の殻に千代紙などを貼り付け、中にポプリを入れた飾りを作るのは、ハーブティーなどを販売する嶋本静子さん。「揺れると香る。つり下げると何でもかわいくなる」とオリジナル飾りに愛着を持つ。

 川上さんは「散策しながらそれぞれの飾りを見つけ、楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。多くの店舗が独自の作品を作って飾るようになるのが目標だ。

節句に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング