1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 香りに誘われ梅の花 相模原北公園

香りに誘われ梅の花 相模原北公園

話題 | 神奈川新聞 | 2016年2月6日(土) 02:00

見ごろを迎えた梅の花=相模原北公園
見ごろを迎えた梅の花=相模原北公園

 立春を迎え、相模原市緑区下九沢の相模原北公園の梅園で「八重冬至」や「鄙(ひな)の都」などの梅の花が見ごろとなり、来園者が目や香りで春の訪れを楽しんでいる。

 同公園内の梅園には、それぞれ異なる約100品種、約100本の梅が植えられているため、早咲きの品種が咲き始める1月中旬から、遅咲きの花が咲く3月中旬まで楽しむことができるという。

 2月4日現在、約60本の梅の木が花を付けているが、見ごろを迎えたものは10本ほど。三~五分咲きが20本ほどあり、残りはまだ咲き始め。多くの品種を見ることができるのは、2月中旬から3月上旬ごろとなりそうだ。

 同公園へは、橋本駅から「上溝」行きバスなどで「上中ノ原団地」下車、徒歩5分。問い合わせは、同公園管理事務所電話042(779)5885。

自然・花に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング