1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 7人が連携し人命救助 相模原市消防局が感謝状

7人が連携し人命救助 相模原市消防局が感謝状

話題 | 神奈川新聞 | 2016年1月30日(土) 02:00

山田署長(左4人目)から感謝状を受け取った7人 =相模原市南消防署
山田署長(左4人目)から感謝状を受け取った7人 =相模原市南消防署

 相模原市内で発生した火災で逃げ遅れた女性を救助したとして、同市南区に住む成沢敏雄さん(78)、康江さん(72)、小林君子さん(72)、野口敏明さん(75)、幸子さん(71)、大谷あづささん(43)、寅次郎君(12)の計7人に26日、市消防局から感謝状が贈呈された。

 同署によると、昨年12月16日午前7時25分ごろ、同区相南2丁目のアパートから出火しているのを、自宅にいた大谷さんが発見。近所の小林さんに知らせるとともに119番通報した。

 その後、火災を知ったアパート所有者の成沢さん夫妻が2階の部屋に取り残された女性(56)を発見。敏雄さんが部屋の中から女性を引っ張り出し、小林さんや野口さん夫妻の協力で1階まで運び救出した。

 市南消防署で感謝状を手渡した山田精一署長は「皆さんの臨機応変で一丸となった勇気ある行動が尊い命を救った」とたたえた。息を止めて煙が充満する部屋の中へ3度も突入・脱出を繰り返して女性を救出した成沢さんは「火が回らないうちに助けなければということだけを考えていた」と振り返っていた。

人命救助に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング