1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 冬の湘南海岸、堪能 江の島発着市民マラソン

冬の湘南海岸、堪能 江の島発着市民マラソン

話題 | 神奈川新聞 | 2016年1月25日(月) 02:00

江の島から島外へ向かうランナーたち=藤沢市
江の島から島外へ向かうランナーたち=藤沢市

 冬の湘南海岸を舞台にした「湘南藤沢市民マラソン」が24日、藤沢市内で開かれた。江の島を発着点とするコースを1万人超の市民ランナーが疾走。今年は藤沢市と姉妹友好都市提携を結ぶ世界の都市から代表選手も初めて参加した。

 市民の署名を契機に始まった大会で、今年で6回目を迎えた。湘南国際マラソンの第1回開催後、発着点が江の島から大磯に変更。江の島発着のマラソン大会を望む市民の声が高まり署名活動につながった。

 年々、参加選手が増え続け、今年は10マイルの部に約9200人、親子ラン(2・2キロ)に約1400人が参加した。2020年東京五輪の開催決定を受けスポーツを通じた国際交流を活発にしようと、米国・マイアミビーチ市、中国・昆明市、韓国・保寧市、日本・松本市から計14人の選手も初めて招待した。

 この日は冷たい強風が吹き付けるコンディションながら、ランナーたちは江の島を出発して国道134号を西進。行きは雪をかぶった丹沢の山々を、帰りは江の島を望みつつ、風光明媚(めいび)な海沿いコースの魅力を楽しんでいた。

湘南国際マラソンに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング