1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 大きく甘~い実り 横浜の農園でイチゴ狩り

大きく甘~い実り 横浜の農園でイチゴ狩り

話題 | 神奈川新聞 | 2016年1月21日(木) 02:00

20日に営業が始まった「徳江いちご農園」=横浜市青葉区
20日に営業が始まった「徳江いちご農園」=横浜市青葉区

 イチゴ狩りの季節を迎え、横浜市内の農園でも、家族連れなどでにぎわいを見せている。

 青葉区の「徳江いちご農園」は20日、今シーズンの営業を開始した。広さは計約4500平方メートルあり、市内最大級という。「紅ほっぺ」「おいCベリー」「章姫」「とちおとめ」などを中心に15種類ほどを育てており、中には「淡雪」という白い色の品種も。減農薬栽培とするとともに、大人の腰ほどの高さで育てる「高設栽培」を採用。車いす利用者らにも好評だ。

 「今冬は気温の変動が激しく(イチゴの)管理は大変だが、味はどれもおいしいですよ」と園主の徳江栄一さん(44)。

 この日は午前10時のオープンと同時に家族連れなどが次々に訪れ、「大きいね」「甘くておいしい」などと話しながら、旬の味覚を味わっていた。

 5月末までの営業予定。料金は大人2千円、2歳~幼稚園児千円(時季によって異なる)。問い合わせは同農園電話080(6789)7356(午前9時~午後5時)。

イチゴに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング