1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 川崎競馬場で流鏑馬 2000人が妙技楽しむ

川崎競馬場で流鏑馬 2000人が妙技楽しむ

話題 | 神奈川新聞 | 2016年1月4日(月) 02:00

正月競馬恒例のファンサービスとして流鏑馬が行われた=川崎競馬場
正月競馬恒例のファンサービスとして流鏑馬が行われた=川崎競馬場

 川崎競馬場(川崎市川崎区)で3日、正月競馬恒例のファンサービス「流鏑馬(やぶさめ)」が行われた。暖かな天候に恵まれ、例年より多い約2千人の来場者が伝統の妙技を楽しんだ。

 2009年から始まったイベントで、鎌倉市が拠点の「大日本弓馬会」のメンバーが毎年、レース前に披露している。

 射手らは鎌倉時代の武士装束を身にまとい、時速約60キロで走る馬の上から次々と矢を放った。40センチ四方の板的を射抜くたび、観客席から拍手と歓声が上がった。

 同会の小池義明理事(57)は「競馬場に来る馬好きな人にも、日本伝統の流鏑馬を間近で見てもらい、誇りを感じてもらえたらうれしい」と話していた。

神事に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング