1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 企業の地域貢献紹介 市と専修大が来年から無料公開講座

企業の地域貢献紹介 市と専修大が来年から無料公開講座

話題 | 神奈川新聞 | 2015年12月25日(金) 15:43

 川崎市と専修大は来年1月21日から「CSR(企業の社会的責任)とソーシャル・ビジネス」をテーマにした無料公開講座を同市多摩区、小田急線向ケ丘遊園駅北口の同大サテライトキャンパスで開く。2月4日までの計4回。

 社会・地域貢献活動に取り組んでいる市内企業などの実践例を紹介するもので、初めて中小・中堅企業から講師を招く。水処理装置の国内トップメーカーの日本原料(川崎区東田町)の齋藤安弘社長と、葬祭会社の神奈川こすもす(同区四谷上町)の清水晶子取締役の2人。

 水道水に浄水されるまでの課外授業を小学校で行ったり、台風被害のフィリピンや洪水被害のラオスなでの飲料水供給の災害復旧活動を行ったりしている日本原料は「パラダイムシフトと社会貢献~水道事業を支える日本原料のCSR」と題して説明。

 生活者目線でシンプル葬儀を展開するとともに途上国へのポリオワクチン提供や環境に優しい棺の利用などを行う神奈川こすもすは「地域社会への啓蒙を中心とした、終活トラブル解消の取り組み~超高齢社会への突入による新しい課題へのチャレンジ」をテーマに活動を報告する。

 日程は次の通り。

 ▽21日午後7時、味の素▽30日午前10時、日本原料▽同日午後1時、神奈川こすもす▽2月4日午後7時、川崎フロンターレ
 各回30人。申し込み・問い合わせは、同大大学院事務課KSソーシャル・ビジネス・アカデミー係電話044(922)9384。

地域に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング