1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 「気分」で輝くツリー デンキウナギが発電中

「気分」で輝くツリー デンキウナギが発電中

話題 | 神奈川新聞 | 2015年12月19日(土) 02:00

デンキウナギの発電で光るクリスマスツリー(相模川ふれあい科学館提供)
デンキウナギの発電で光るクリスマスツリー(相模川ふれあい科学館提供)

 デンキウナギの電気を利用して、イルミネーションが光るクリスマスツリーが相模原市立相模川ふれあい科学館(同市中央区水郷田名)に登場し、来館者の目を楽しませている。25日まで。

 同科学館によると、デンキウナギは敵から身を守ったり、餌となる生き物を気絶させたりするために、尾から頭にかけて電気を流す。

 水槽に展示されているデンキウナギは体長約25センチで、発電した際は装置を介して、水槽の隣に飾られたクリスマスツリーのイルミネーションを光らせる。驚いたときや餌を食べる際に発電するが、いつ、どのぐらいの電気を流すかは「気分しだい」という。

 同科学館は、「デンキウナギは意外と愛嬌(あいきょう)のある顔をしている。間近で見る機会は少ないので、見に来てほしい」と話している。

 問い合わせは、同科学館電話042(762)2110。

クリスマスに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング