1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 海の階段お出迎え 児童らが茅ケ崎駅に壁画デザイン

海の階段お出迎え 児童らが茅ケ崎駅に壁画デザイン

話題 | 神奈川新聞 | 2015年11月15日(日) 03:00

白を基調とした壁面に施されたデザイン画。児童らが記念プレートを取り付けた=JR茅ケ崎駅
白を基調とした壁面に施されたデザイン画。児童らが記念プレートを取り付けた=JR茅ケ崎駅

 JR茅ケ崎駅南口の長さ18メートルの階段壁面2カ所に子どもたちが描いたデザインが施され、14日に完成セレモニーが行われた。海をイメージした大作で、JR東日本横浜支社はお披露目に合わせて、この階段を「ちがさき海(かい)段(だん)」と命名した。

 同駅改良工事が完了し、駅ビル「ラスカ茅ケ崎」が20日にリニューアルオープンするのを機に、地域による駅づくりを進めようと企画された。同支社管内では初めての試みという。

 8月に茅ケ崎市立茅ケ崎小学校でワークショップを開催。児童81人がさまざまな形状の色画用紙を組み合わせて、波や魚など海をイメージした模様をデザインしていった。

 式典では、市川清一駅長と児童の代表者らが記念プレートを設置。同支社の近藤英雄事業部長は「地域の人たちに愛着を持って駅を利用してもらえるのでは」と感謝していた。

 同校5年の溝田光志君(10)は「青と白のコントラストがきれい。こんなにすごいものが自分たちの手で作れてうれしい」と話していた。

茅ケ崎駅に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング