1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 【久保京子のきれい通信】 おしゃれの季節到来!わたくし流「今秋の装い」

【久保京子のきれい通信】 おしゃれの季節到来!わたくし流「今秋の装い」

話題 | 神奈川新聞 | 2015年11月11日(水) 11:25

 イチョウの葉が色づいてくると、街の景色が明るくなり気分も心なしか華やぐ気がしませんか? こんにちは、久保京子です。

 さて、今回はこのコラム欄をお借りしてミニミニファッションショーとまいりましょう。題して「今秋の装い」。秋の定番スタイルの中に、今年の流行色や気になるスタイルを取り入れた四つのシーン別ファッションです。


秋になると出番が多くなる着物姿。くすまい程度に抑えたオレンジ色に染めた色無地で、この日は講演会の講師役を
秋になると出番が多くなる着物姿。くすまい程度に抑えたオレンジ色に染めた色無地で、この日は講演会の講師役を

 まずは、おしゃれについての講師役を着物姿で。オレンジの色無地ですが、これは、くすまない程度に抑えをきかせて白無地を染めてもらったこだわりの色。帯によっても雰囲気が変えられる重宝な一枚です。この日は白地に秋の草花を多色使いで織り込んだ帯を合わせました。


自身の花の写真も展示されたグループ展へは、透明感のあるアラン編のセーターと全体をグレーの濃淡でまとめたコーディネートで=東京・恵比寿のギャラリーABGにて
自身の花の写真も展示されたグループ展へは、透明感のあるアラン編のセーターと全体をグレーの濃淡でまとめたコーディネートで=東京・恵比寿のギャラリーABGにて

 次は、この秋に初参加した写真展での装い。ほんの少しグレーがかった白のアラン編みセーターは、透明感のある色が気に入ってこの秋購入した一枚。全体的に温かみのある色が増えてくる秋冬こそ、クールな色使いでスマートなエレガンスを演出するのも新鮮です。パンツやバッグ、靴もグレーの濃淡でコーディネート。お気に入りのおしゃれメガネをかけるとクリエーター気分に。


久保京子プロデュース「CASA DE COCOTO  BY  KYOKO KUBO」の2着。右は、大人のアーガイルとコーデュロイのパンツで、今年流行の英国風に。左は、スエードタッチのコートワンピース。ブーティやスカーフをアクセントにエレガントにも、コートとしてかっこよく装うことも。商品の問い合わせは、QVCフリーダイヤル(0120)945010
久保京子プロデュース「CASA DE COCOTO BY KYOKO KUBO」の2着。右は、大人のアーガイルとコーデュロイのパンツで、今年流行の英国風に。左は、スエードタッチのコートワンピース。ブーティやスカーフをアクセントにエレガントにも、コートとしてかっこよく装うことも。商品の問い合わせは、QVCフリーダイヤル(0120)945010

 つづいての二つは「自分が着たい服」を提案している久保京子プロデュースの装い。幅広いお出かけシーンに好印象のコートワンピースです。キャメルは今秋はやりの色。写真のように1枚で着るとワンピースに、羽織ってコートとして着ることもできます。スエードタッチで肌触りのよさも私のこだわり。

 やはり今年流行の英国風を取り入れたアーガイルのセーターと、コーデュロイのパンツ。こちらは女学生気分? ずうずうしければ(笑)ゼミの講師くらいにしましょうか。装いによって、その役になりきれる。ファッションの力って偉大ですね!

 最後に前回の革靴の手入れの記事で、東京・表参道の老舗靴店「カルチェリア・ホソノ」は「カルツェリア・ホソノ」の誤りでした。関係者のみなさまにおわびいたします。

くぼ・きょうこ モデル。19歳でデビューし雑誌やCMで活躍。
モデル経験を生かして靴や時計、バッグなど多岐にわたり
商品開発に携わるプロダクト・プランナー。2007年にベストジーニスト賞。
著書に「わたしたちは、こんな服を着てきた」(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)。江戸川大客員教授。横浜市在住。

きれい通信に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング