1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 麻生の森が美術館に 15日から300点

麻生の森が美術館に 15日から300点

話題 | 神奈川新聞 | 2015年11月10日(火) 10:43

森を舞台にした劇の練習に取り組むメンバーら。絵画や造形作品なども並べられる=市民健康の森
森を舞台にした劇の練習に取り組むメンバーら。絵画や造形作品なども並べられる=市民健康の森

 森の中が美術館に-。自然に囲まれながらアートを楽しむイベント「森展」が15日から、川崎市麻生区の市民健康の森と周辺ギャラリーで開かれる。油絵や水彩画、造形作品など約300点の展示や劇、音楽ライブなどが行われる。22日まで。

 里山との関わり方を考えるきっかけにしてもらおうと、緑地帯の保全活動を続けている市民団体「川崎・多摩美の山トラストの会」が毎年企画している。今年で4回目。

 緑豊かな自然を舞台にアマチュアからプロ、子どもからお年寄りまでさまざまな世代の作品が森を彩る。21日には初めての企画として、森の中での音楽ライブや劇を披露。クリスマス飾りなどを作るワークショップやコーヒーの焙煎体験、青空図書館といった企画も用意している。

 同会は「森と一体となった展覧会を楽しみながら、里山に親しんでもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 周辺3カ所のギャラリー「カフェ・ド・シュロ・ギャラリー」「ちゅうりん庵」「Cafeゆい~と」での展示は16日から。問い合わせは、同会電話044(955)1160。

アートフェスに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング