1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 横浜周遊「気分転換に」 県タクシー協会、福島の被災者招待

横浜周遊「気分転換に」 県タクシー協会、福島の被災者招待

話題 | 神奈川新聞 | 2015年10月26日(月) 03:00

観光タクシードライバーに案内され、横浜市内を巡った南相馬市の参加者ら=横浜市中区の大さん橋
観光タクシードライバーに案内され、横浜市内を巡った南相馬市の参加者ら=横浜市中区の大さん橋

 長い避難生活を送る被災者らに楽しい思い出をー。県タクシー協会は24、25の両日、福島県南相馬市の仮設住宅で暮らす人々を横浜市内観光に招待した。一行は大さん橋や横浜赤レンガ倉庫といった名所をタクシーで巡り、1泊2日の観光旅行を満喫した。

 同協会が社会貢献の一環として初めて企画。公募で当たった20組40人を招待し、費用はすべて同協会が負担した。

 24日の夜は、横浜中華街で食事や中国雑伎団のショーを堪能した。ホテルニューグランドに宿泊し、翌25日はユニバーサルデザイン(UD)タクシー20台に分乗して、みなとみらい21(MM21)地区周辺を周遊。同協会認定の観光タクシードライバーが、見どころや歴史を紹介した。

 妻と参加した渡辺和一郎さん(66)は「毎日仮設住宅にいると気がめいるので、気分転換したかった。旅行する機会が少ない分、いろいろな所を見られてよかった」と笑顔。案内したドライバーの一人は「横浜も関東大震災を経験している。復興した横浜の明るい街並みを見て、希望をもってもらえたら」と話していた。

タクシーに関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング