1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 音楽と映像 平和訴え/相模原

音楽と映像 平和訴え/相模原

話題 | 神奈川新聞 | 2015年9月28日(月) 03:00

歌と映像を交えて平和を訴える桑山さん=サン・エールさがみはら
歌と映像を交えて平和を訴える桑山さん=サン・エールさがみはら

 音楽と映像を通して、平和を考えるステージが27日、相模原市緑区のサン・エールさがみはらで開かれた。海外の紛争地や被災地で人々の心のケアをしているNPO法人「地球のステージ」の代表理事で心療内科医の桑山紀彦さんが舞台に立ち、現地で撮影した映像や、自身が作詞作曲した歌とともに、これまでの経験を語った。

 桑山さんは、空爆の絶えないパレスチナ自治区ガザや、独立時に紛争状態になった東ティモールで、家族を亡くしたり、家を失ったりする中、たくましく生きる子どもたちの姿を紹介。

 民族間の虐殺の記憶が残るルワンダでは、心のケアを目的に現地の女子高校生と歌を制作。「私たちがよりよい未来をつくる」「今を大切にしよう」という歌詞が生まれ、笑顔の大合唱の映像を披露した。

 最後は原爆被爆地の広島で、平和活動をする人々の姿を紹介。「平和とは、相手がどう思うか想像して、人間関係をつくること。学校や町の平和が、やがて世界平和につながる」と呼び掛けた。

 ステージは、相模原市の終戦・原爆投下70周年記念事業の一環。市内外から家族連れら約80人が参加した。

イラク戦争に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング