1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. ペット同伴で防災訓練 横浜・山下公園で動物愛護フェス

ペット同伴で防災訓練 横浜・山下公園で動物愛護フェス

話題 | 神奈川新聞 | 2015年9月24日(木) 03:00

「災害時避難訓練」で障害物が置かれたコースを歩く飼い主とペット=山下公園
「災害時避難訓練」で障害物が置かれたコースを歩く飼い主とペット=山下公園

 災害に備え、動物との暮らしを考えてもらうイベント「動物愛護フェスタよこはま2015」が23日、山下公園(横浜市中区)で開かれた。さわやかな秋晴れにも恵まれ、会場は愛犬を連れた大勢の人たちでにぎわった。

 横浜市健康福祉局と実行委員会の主催で、動物愛護週間(20~26日)に合わせた。今年は災害時を想定し、「ペットとの同行避難」をテーマに開催。火災時の煙を再現した「煙ハウス」の体験や、災害救助犬のデモンストレーションが行われた。飼い主とペットが障害物の置かれたコースやトンネルを歩く「災害時避難訓練」では、怖がった犬が前に進めなくなる場面もあった。

 2歳の愛犬と参加した同市栄区の男性(67)は「昨年も参加したが、こうした訓練は他にない。いざという時に備え、相談に乗ってもらえるよい機会」と話していた。

 災害時避難訓練を担当したNPO法人KAVA神奈川動物ボランティア連絡会の矢吹紀子代表理事は、「災害時は人間のことだけで手いっぱい。ペットは飼い主が守らなければならない。ケージの準備など日ごろから備え、意識を高めてほしい」と強調していた。

防災訓練に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング