1. ホーム
  2. ニュース
  3. 話題
  4. 一日署長に車屋選手 川崎署が交通事故防止キャンペーン

一日署長に車屋選手 川崎署が交通事故防止キャンペーン

話題 | 神奈川新聞 | 2015年9月24日(木) 03:00

鳴海署長(左)らとともに交通事故防止を呼び掛ける車屋選手(中央)=銀柳街
鳴海署長(左)らとともに交通事故防止を呼び掛ける車屋選手(中央)=銀柳街

 「秋の全国交通安全運動」(21~30日)に合わせ、川崎署は23日、交通事故防止キャンペーンを行った。サッカーJ1・川崎フロンターレのディフェンダー車屋紳太郎選手(23)が同署の一日署長を務め、JR川崎駅東口をパレードして交通ルールの順守などを呼び掛けた。

 地下商店街「川崎アゼリア」(川崎区)で開かれた委嘱式で、車屋選手は「事故を減らすためにはサッカー(のプレー)と同じで、周りをよく見て丁寧に運転することが大事」とあいさつ。同署の鳴海達之署長や関係団体のメンバーらとともに、買い物客らでにぎわうアゼリアと銀柳街の約1キロを練り歩いた。

 パレード後に車屋選手は「多くの人に交通安全の大切さを知ってもらえて良かった」と話していた。

 県警によると、今年、県内で交通事故で死亡した人は117人(22日現在)。昨年同時期に比べて15人減少しているが、全国では6番目の多さとなっている。

こちらもおすすめ

一日署長に関するその他のニュース

話題に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング